スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検診に行く

2014,,21
胃がん検診と乳がん検診に行ってきました。

区切りがいい年齢なので、市から無料の検診クーポンが送られてきてはいたんだけど、
実は面倒で仕舞ってあったんです。

保険の見直しを考えていて、
子供の為に人間ドッグを考えていたんですね。
でも、人間ドッグって高い!!!
会社で見てくれるシステムがないところなので、
そういうことに関しては自腹なんですよ。
しかし!必要のない保険をカットしたら人間ドッグ費用ができました!
「普通、保険見直しで返戻金があったら皆お小遣いだって喜ばれることが多いのですが、
枕さん達は堅実ですね^^」
って、公私ともにお世話になっている保険の担当さんに言われました。

・・・健康第一・・・

それで、私の無料クーポンを思い出したのです。
じゃ、私はこの無料クーポンを駆使して無料で検診を受けよう!とw
でも、相方にはきちんと大学病院で人間ドッグに入ってもらおうかな。

そしてまずはこの私、生まれて初めての、バリウムですよ・・・・!



相方にどんななのか聞いてみたところ、
バリウムがつらいから、ツライとわかっているなら
どうせ胃カメラもつらいから胃カメラを選ぶ、とのこと・・・
(相方はバリウムがつらい人)

胃がん検診は発泡剤飲んでバリウム飲んで、
自在に動くベッドでぐるんぐるん動かされてバリウムを胃に広げ、
撮影後、下剤を飲み多量の水分と共にバリウムを外に出す、と。

最近の発泡剤は柑橘系の味で美味しく飲めました。
バリウムはヨーグルト風味でまずくなかった。
そして撮影・・・
あの撮影って、健康な人じゃなきゃデキないよね?
上下左右にベッドを動かし、ベッドの上でぐるんぐるんからだを回すんだもん。
検診って過酷・・・!
そして締めが下剤・・・・

下剤を飲んで、水・・・水・・・水・・・
だって相方が水を飲めって言うからさ・・・・・
私は基本便秘知らずなんだけど、これってきつい・・・
体は正直で、下剤を飲んでも健康なブツしか出ず、
翌日も決まった時間に出ました。
おなかが痛くなることもなく、順調に。
一番つらいのは飲みたくもないのに「水を飲む」行為でした(笑)。


さて、お次は乳がん検診。
これも初めてです。
挟む!痛い!もう嫌だ!
ということを何度となく聞かされていたマンモグラフィーも撮りました。
最初は触診。
予約したところが総合病院でしたが、産婦人科は無くて、
診てくださったのは小児科の女性の先生。
あっという間の3分!って感じでした。
そのあとにマンモグラフィー。
技師の方も女性で、すごく感じのいい方でした。
痛いと聞いていたけど、そんなでもなかった!!!!
まぁ、挟むので、痛くないかと言われれば痛いんだけど、
これ、もしかしてやり方とか言われ方で印象ちがうかもなぁ、って思いました。
「大胸筋が撮れていなかったのでもう一度・・・!」って、
大胸筋をそこまで連呼されたのは初めてです(笑)。
脇から肩から寄せて上げてww技師のお姉さん、寄せ上げ、上手ですww
上から挟むのと、横から挟むの、4枚撮るんだけど、
・・・何枚撮ったかな・・・?
今はデジタル化が進んでいて、その場でチェック出来ていいねぇ~。

がん検診って予約して、1か月先じゃないと予約がいっぱいで予約出来ないから、
1か月先に予約して、検査結果が出るのが1か月先でまた結果を予約して聞きに行く・・・
それが肺がん、大腸がん、肝がん、子宮がん、乳がん・・・・と、まぁ色々とあって、
担当の先生が居ないのとかマンモ撮れるとか機械がないとか、
全部別々に検診なわけです。予約も別々。
人間ドッグなら一変に済むのにね。
ま、そこは無料のクーポンだからね・・・(仕事してる人は大変だな・・・)
子宮がん検診だけは毎年2月に行っていたので、今年は1月に予定。
クーポンは2月末までなので、1月2月は混むんだって。
冬場の病院は普通に混むしね。
とりあえず、今日、肺がん、大腸がん、肝がんの予約をしました。
予約をしたら行かざるを得ないんで!

無料パワー、すごい^^







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://getupandgo.blog99.fc2.com/tb.php/537-d3973e58

最新コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。