スポンサーサイト

--,,--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幻妖綺 ~狼ノ許嫁~」を聴いてみた

2014,,12
幻妖綺 ~狼ノ許嫁~幻妖綺 ~狼ノ許嫁~
(2013/05/29)
前野 智昭

商品詳細を見る


素敵でした・・・!

古都に棲む名家の令嬢である貴女――。
幼い頃に交わした≪約束≫・・・・

ふふふ♪



ある日突然・・・でもないか^^

前野智昭さんの声が心地よくて、
取調べシリーズを聴いていたのですが、
他には何かないのかしら・・・と、何か前野さんのお勧めないですかっっ!
と、フォロワーさんにすがってみた(笑)。
それで「こちらはいかがですか?」と教えていただいた一つがこのCDでした。




大好きな幼馴染お兄様の為に花を摘んでいたらいつのまにか眠りこけた「私」。
妖怪に連れ去られそうになったところ、狼の妖(あやかし)に助けられる。
何かお礼を、というと、
「今はまだ小さいから、君が大きくなって美味しく食べごろになったら、
また迎えに来るよ・・・」と去っていく。
いつでもどこでも「私」を守ってくれているのは。半妖狼のお兄様「清一郎」・・・
   ↓
時は過ぎ、大好きなお兄様とお買い物の約束を。
約束を忘れて眠りこけている清一郎を起こしに部屋へ。
寝ぼけて私を抱えて眠り続ける清一郎に私は大慌て。←天然すぎて清一郎は心配(笑)
   ↓
買い物をし、夜のお祭りへ。
後日、清一郎の家の夜会に行くことになる。
   ↓
洋装の私を狙う若者達から逃げるように庭へ。
付き合ってほしいと清一郎に言われる私は
「狼さんと約束して食べられなくてはならないから・・・!」と断る。←天然
   ↓
約束を覚えていてくれた私が愛おしくてたまらない清一郎。
清一郎は数百年に一度出生する、一族特有の妖(あやかし)。
厄払いの子として短命と言われていて、つまらない人生だと思いっていた幼少時代、
私が自分を頼るのを見て、守ってあげたいと思うようになっていた。
   ↓
私のおかげで楽しい人生に。そしてこれからも生きていきたいと思うように。
これから生まれるであろう、未来の子孫の妖(あやかし)の為に、幸せに、
そして素晴らしい人生だったと書き残そうか、と。
二人で歩んでいくんですね。


素敵なおとぎ話・・・♪
幼少の清一郎、狼の妖、青年の清一郎と、お一人で演じられていて、素晴らしかったです。
狼の妖の低音にぐっと下がるときはぞくっとします♪

お兄様が大好きな天然な私が、かなり天然すぎて
ふとしたところでヤキモチを焼く清一郎におおぅ!って思いました。

9月に続編が出る模様です!
幻妖綺~狼ノ花嫁~幻妖綺~狼ノ花嫁~
(2014/09/24)
清一郎(CV:前野智昭)

商品詳細を見る




明治大正昭和初期?
きちんとご両親に申し込みに行かなくては、とか、
襟元もきっちり隠しておかないと他の奴に見られてしまう(だから洋装は心配)、
傍を離れたら・・・(お前を狙っている輩が集まってきてしまう・・だから考えたくもない)、
とか、なんかこう・・・セリフ回しに品がある、気がします♪
(食べられちゃうのは好きなのにねw)
私はヤキモチもガマンも大好物なので、このCDはお気に入りです>▽<

「私」は(清楚な)天然なので、清一郎さん、守っていかないと誰かにとられてしまいますよ・・・・?













スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://getupandgo.blog99.fc2.com/tb.php/526-816a293c

最新コメント

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。